IT

成果の出るSEO対策をしているGMO|豊富な経験とノウハウ

こころ強いパートナー

男性

ニュース番組でも取り上げられることが多くなったネット被害は、適切な対処をしないと自殺者が出るほど深刻になっています。インターネットは非常に便利ですが、使う人もモラルで犯罪や事件になることもあります。しかし現在はネット上の風評被害対策に関する法律の整備が追いついていないのが現状です。そのために事前に予防したり対処したりすることが大事です。

インターネットはビジネスでも利用されています。ホームページを所有していない企業は少ないでしょう。ですから企業も風評被害対策をしないと、営業をすることが難しい状況に陥ってしまうケースもあります。ネット上には無数のホームページが存在しているので、その全てを監視して自社の信憑性の低い情報や誹謗中傷コメントを削除していくことは不可能です。担当の部署を設けて24時間体制で監視をし続けても誹謗中傷をなくすことはできないでしょう。企業が風評被害対策をする場合は、代行してくれる業者に依頼することが一般的です。

風評被害対策を代行してくれる業者は専門的な知識を持っています。加害者を特定すると、ネット上のファイルやシステムの使用履歴を全て把握することができます。そのために風評被害や誹謗中傷のリスクを軽減することができるでしょう。加害者が行なった誹謗中傷の証拠を確保することができたら、刑事告訴をすることもできます。さらに被害が大きい場合は損害賠償請求もできます。企業にとって心強いパートナーになってくれるでしょう。